ニキビ跡を消してすっぴん美人に変身しよう

facial care

原因について

beauty care

ニキビ跡というのは、赤みが残っている、凹凸が出来てしまっているという状態のことです。以前、ここにニキビがありましたという証でもあります。
しかし、そのような証というのは必要ありません。ニキビが出来ていなかったかのような状態にしたいのです。
ただ、「ニキビが出来る=ニキビ跡が残る」というわけではありません。ニキビ跡が残らないこともあるのです。
それでは、跡が残る場合と残らない場合の違いについて紹介します。

ニキビ跡が出来てしまう原因というのは、ニキビの状態が悪化し、毛穴に負担をかけてしまったということです。
一度毛穴に負担がかかってしまうと、なかったことには出来ません。

ニキビ跡には色々な種類があり、色素沈着、クレーター、ケロイドといった状態に分けることが出来ます。色素沈着であれば自分で跡を消すことが出来ますが、クレーターやケロイド状態になってしまっている場合には自分で跡を消すことは出来ません。そのような場合には皮膚科や美容皮膚科などで治療を受けて跡を消すこととなります。
クレーターやケロイド状態であっても、しっかりと治療をすることで美しい肌になることができます。
治療期間を短くする、治療費を抑えるためにも、出来るだけ早い段階で治療を始めるようにしましょう。

また、ニキビ跡が残ってしまう原因の一つに肌に合っていない化粧品を使用しているということが挙げられます。
しっかりと配合されている成分を確認し、肌へ負担を書けないような製品を選ぶことが大切です。
炎症を起こしているニキビの状態を抑えることは比較的簡単ですが、ニキビ跡を消すことは難しいです。早め早めに対策を打つことが大切です。